ポーマン

 

 

 

土壌活性浄化材 ポーマン

ポーマンの成分内容

必須アミノ酸、有機酸、ビタミンB郡などを含む。(植物や土壌微生物の活性化を促進する)

 

ポーマン-P  窒素:リン酸:加里各1〜2%、医王石、ゼオライト、貝化石
ポーマン-L  窒素:リン酸:加里各1〜2%、ミネラル水

※ポーマン-P及びポーマン-Lは、poman主原料として生イワシを丸ごと使い、活性化したケイ素を加えて発酵醸造したものを素にしたもの。 ポーマン-P(粉状)は、素を天然砿物(医王石、ゼオライト、貝化石)に吸着したもので、ポーマン-Lは、ミネラル水に混合したもの。

ポーマンの効果

1. 土壌中の集積塩類・分泌毒素を抑えて、pHを適正値に保つと共に微生物活動を旺盛にし、相互の天敵作用で微生物の自然なバランスを保つ。 2. 連作などが原因で塩基バランスの崩れた土壌において、酸化して吸収しにくくなった肥料などの吸収を促進する。

ポーマンの使い方

ポーマンP 1. 元肥と一緒に土壌に混合する。(根張りを促進し、活発な植物の生育を促す)
2. 追肥と一緒に土壌に散布する。
ポーマンL 1. 葉面散布の場合、水で70〜300倍に希釈して使用。(葉面散布をすることに光合成を促進すると共に、根に活力を与え、根からの栄養分の吸収を促進する。)
2. 土壌潅水の場合、4〜5(リットル/10a)を必要な水量で希釈して、潅水する。(土壌中の養分吸収を促進すると共に、酸化して吸収しにくくなった肥料分の吸収を促進する。)

http://oisii-saibai.com/entry/20070401050000.html

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s