波動と携帯電話


生命を滅ぼす便利な通信機器


Resonance – Beings of Frequency
ドキュメンタリー映画「共鳴 ~振動の生き物~」
http://www.youtube.com/watch?v=5vb9R0x_0NQ

携帯電話の害もここまで解明されている。
以下にビデオの概要をまとめてみた。

地 球の周波数7.83Hz(シューマン共鳴)は、脳のアルファ波と同じ。水の中でDNAは相互に通信しながら再製できるが、7.83Hzの周波数が存在する と、DNAが存在しなくても、水の中の情報でDNAが作り出されることが2011年にわかった(生命が無い状態で、生命が生じることを確認)。
生 命は誕生したときから地球の周波数と相互作用してきた。人間の健康と地球の周波数には密接な関係があり、地下室に長くいてこの周波数と断絶すると、心身に 不調が生じる。世界の食糧の7割はミツバチによる受粉に依存しているが、このミツバチも地球の周波数で活動している。2006年から世界中でミツバチの巣 が激減しているが、実験でデジタルコードレス電話(DECT Phone)をミツバチの巣箱に置くと、蜂の帰還率が激減することが判明した。
生物 にあるクリプトクロームというタンパク質は電磁気・光を感知し、メラトニン生成を含むサーカディアン・リズムを制御している。鳥のナビゲーション機能や人 間の方向感覚も支えている。メラトニンは、松果体で生成される強力な抗酸化物質であり、ビタミンCより5倍、ビタミンEより2倍強力である。メラトニン は、ガンだけでなくさまざまな病気を発生させるフリーラジカルを掃除するため、メラトニンが減ると免疫機能が弱り、病気になりやすくなる。松果体は光を感 知し、暗くなるのを待ってメラトニンを分泌し、身体を修復する。松果体は日光と人工照明の違いを認識しない。電磁波も光の一種として認識する(振動である ことは同じなので)。そのため、今日のように電磁波(携帯電話のアンテナ、コードレス電話、無線LANなど)があふれている環境では、常に昼のように認識 し、メラトニンの生成が減ってしまう。
携帯電話の健康への影響を調査するMTHRの資金は政府と携帯電話業界が出しており、メラトニンの問題を調査する気はなさそうだ。

つまり、携帯電話などの電波のために、人間は免疫力を失って病気になり、鳥や海洋生物は方向感覚を失って死に、さらにミツバチを撲滅して自ら食糧危機を招いているということになる。
携帯電話は便利なのだろうか?
やっぱり、命より、コミュニケーションが大事ですかね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s