ソニーの小型テレビを生み出した江崎ダイオード

あなたは、誰でも少なくて安い電子構成要素で行うことができると非常に単純な実験の下でわかります。 esistance(NDR)は、それがきちんと使われる時をもたらします。ことをNegativeなDifferential Rに明らかにする構成要素で非常に単純な発振器が造られることができるように、この実験はあなたを示します

そこで、ありますことここの過度に統一効果でないしかし、この場合使われるNDR構成要素が基本的なオームの法則に同意するようでないので、この装置は知られているために価値があります:NDR特性曲線のオームの法則によって、この場合、電圧の増加が流れの増加をもたらすことで陰抵抗体地域、電圧の増加は、流れの減少をもたらします。 トンネルダイオードで使われるレオ・エサキ彼は、発見のために1973年にノーベル賞を与えられましたトンネル効果によって、半導体のこのNDR効果が、発見されました。 トンネルダイオード(エサキ・ダイオード)は、否定的な抵抗地域で動くように特別設計されていた特別な構成要素です。「電界放出 ― ファウラー-ノルドハイム・トンネリング ― を見ます」)。 NDR効果を生じる若干の他の構成要素は、そうでありますガン・ダイオードそして、ラムダ・ダイオード

トンネルダイオードは、レオ・エサキによって特許権を得ました:US4198644:エサキによるトンネルダイオード; レオ1980(完全なエサキ特許を見てください

このNDR構成要素は、一般で安いNPNトランジスタ2N2222Aです。 (2N2222Aデータシートを見てください

使う逆のモードこのトランジスタは呼ばれましたNegistorリチャード灯台によって(以下のように確かめてください:http://www.keelynet.com/zpe/negistor.htm  ).

あなたは、電圧/流が特徴をカーブさせる下記を見ますNegistor NDR地域で:

そう、それはNDR発振器を造るのが非常に簡単ですNegistor以下の下で図を見ます:

12VのDC電力供給がスイッチを入れられるとき、およそ60kHzと残り厩舎で振動するLCR回路始まり

serieでNegistorsをつなぐこともできると、これはDC入力でより多くの電圧/流を使うために認めます、そして、このように、これは出力コイル(下記参照)であなたにより多くの力を与えます。 コイルは、トランスの一次コイルでもありえます…

以下より上に: serieで3つのNegistorsをつないで、あなたは入力で35VのDCでコイルL1全体で97ボルト(pk-pk)歩き回ります…

すべての測定(上記)は、DC電源でされました

関連項目ロードによるNDR発振器テスト

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s