道具が物を作る。

ややや!これね、フォスタービットっていうんだよ。
別名座ぐりビット。
モーターのコイル、磁石を機に埋めるんだよね。
で、日本ではめっちゃ高いので、D.I.Y王国のUSAに発注!
 
Sorry, this item is not available in
Image not available for
Color:
Image not available

To view this video download Flash Player

Click to open expanded view
 
All Media (3)Images (3)
 
 
 
 

 

Porter-Cable PC1014 Forstner Bit Set, 14-Piece

by Porter-Cable


List Price: $98.68
Price: $49.97 & FREE Shipping. Details
Deal Price:  
You Save: $48.71 (49%)
  o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
 
In Stock.
Ships from and sold by Amazon.com. Gift-wrap available.
Want it Thursday, March 21?

Order within 23 hrs 47 mins, and choose One-Day Shipping at checkout.

Details

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ステビア

ステビアを発見したよ。

買ったほうが安いね。

http://item.rakuten.co.jp/ikse/c/0000000107/

 

【新規ステビア栽培セット】アグリクラウンペレット&ファームA
15,000円  税込、送料別

アグリクラウンペレット
12,600円  税込、送料別

BMDドリンク
7,350円  税込、送料別

 
BBツイン
6,090円  税込、送料別

ファームA
3,990円  税込、送料別

 

1件 ~ 5件 (全 5件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
予約商品  定期購入商品  頒布会商品  オークション 共同購入 プレゼント

 

プロ農家の方が絶賛!! まずは “土づくり”!!

ステビア農業資材とは、南米では薬草として珍重されているステビア草を厳選し、茎も葉も煮沸濃縮した得たエキスを発酵・熟成させたり、茎も葉も粉末化したものを一定条件で発酵・熟成させたりなどして製作した天然素材の農業用肥料です。

 

◎ステビア農業資材を投入することにより、土中の有用微生物が活性化し増殖します。そのために土壌改良が進み、植物の根が元気になります。
◎また、土壌中の残留農薬をステビアが分解するので、より植物の根は活性化されます。その結果、土上部(茎や葉)も強化され、元気な農作物になります。
◎葉面散布を行うとステビア濃縮エキスに含まれるミネラル、微量元素が植物の 活動をより活性化させ、元気にします。
◎従来の栽培ですと、残留農薬、化学肥料の濃度、ストレス等との相乗作用により、葉や果実に苦みを含む成分を出すと考えられますが、ステビアはそれを適度に調節し、自然な免疫防御機構が働くので、調和の取れた自然なおいしい味に近づけると考えられます。

 

*東京の築地青果市場、大田青果市場などでは、ステビア使用商品は「こだわり商品」として人気商品になっています。市場関係者の間では、これほど安全性、鮮度、糖度の3拍子揃ったものはかつてなかったと絶賛されています。

*特に日保ちの良さは注目を集めており、流通の過程及び店頭でのロスが減り、大変に喜ばれています。現在では他の市場でもステビアの要望が高まっています。

・葉面散布
ファームAは500~1000倍に、BBツインは1000~1500倍に希釈して、葉面にたっぷり散布して下さい。(作物の種類により散布時期・回数が異なります。)

・土壌散布・灌注
上記希釈液を土壌に散布又は根の近くに灌注して下さい。7~10日毎に数回散布。活力の様子を見て減らして下さい。

・定植前の苗をどぶ漬け
ポットの苗を500倍に希釈したBBツイン液に数分間 どぶ漬けすると、根の活着が良くなります。

・ペレット or ステビア粉末散布
堆肥や固体肥料に混ぜて土壌に散布 (即効は現れませんが、痩せた土壌をじわじわと改良し、作物に緩やかな効果を与えます。

・水耕栽培
ファームAやBBツインの原液を時々少量水に加えると 抜群の効果が得られます。

a)施肥は有機質肥料を中心(理想は9割以上)に実施されることをおすすめします。土壌中の微生物をより活性化させ、土壌改良が進みます。
b)元気でしっかりした苗や樹にするため、次の使用をおすすめします。
  (1) 元肥にパウダーを混入
  (2)定植(移植)時にファームA、BBツインの散水(灌注)
  (3)発芽がそろった後に、ファームAやBBツインの散水(潅注)
c)天候不良時(日照不足、低温など)にはファームAの散布または散水をすると効果が高まります。
d)毎年続けて使用すると、より強い効果が現れます。

◆ 初めてご使用になる場合は、必ず使い方をご確認ください。
◆殺菌剤と一緒の使用は効果が薄れますので避けてください。
  →殺菌剤を使用する場合は、間隔をあけた方が効果的です。
◆殺虫剤との混合は良いですが、そのつど使いきってください。時間の経過と共に薬剤の効果は薄れます。
◆必要に応じて防虫対策を講じ、虫の発生が多い時は、葉面散布を控え、土壌散布(潅水)にしてください。(ファームA)
◆希釈倍率が違っても、作物を枯らすことはありません。ただし品物によっては、特性が変わる場合がありますので、品種ごとに書いたマニュアルをご参考ください。

注:ステビアは、農薬ではありません。

a)肥料ぎれにならないようご留意ください。
b)作物の品種によって効果の出方に差があります。
c)天候、地力、土質の違いによって生育に差があり、場合によっては予想以上に生育が早まるケースがあります。
d)果実の日持ちが良くなるため、その分完熟していないと本来の味が出ないことがあります。収穫時期に十分ご注意ください。
e)土壌への施用に当たっては、特に果樹の場合、根を動かしてはいけない時期があるので、使用時期に注意が必要です。
f)虫が発生した場合、300倍 ~400倍で、ファームAを散布すると、忌避効果が現れたという報告があります。  

平成15年9月12日  NHK-BS 『経済最前線』
    9月24日  NHK 『おはよう日本』
平成16年8月4日   フジTV系「とくダネ!」 『ステビア野菜の実力』 
9月1日   日本TV系列「ズームイン!SUPER」  ステビア野菜
9月28日  フジTV系「こたえてちょうだい」  ステビア農産物

ワクチンは無数のウィルスやマイコプラズマやDNA・RNA断片で汚染されている!

連続で、井口博士。

みなさん、こんにちは。

今日は、再びアレックス・ジョーンズ・ショーを紹介しておこう。これは最初に以下のものでも紹介されていたものである。
マスゴミが覆い隠すワクチンの真相

ここには、”あらゆるワクチン”の中に含まれている「アルミ」や「水銀」が最終的には脳に集まってきてそこで科学反応を起こし、「脳内興奮毒性」という現象を引き起こし、それがもととなり、自己免疫疾患、アルツハイマー病、ギランバレー症候群、パーキンソン病などを引き起こすと科学的に実験で証明されているという。

しかしながら、医者や看護師は、免疫については学ぶものの、ワクチンについてはほとんど学ばない。ましてや脳機能についてはまったく学ばないという現代医学界の盲点や現実が語られている。医学専門誌の生化学の論文などどの医師も読まないというのである。だから、医者は免疫については多少知っているがワクチンについてはずぶの素人に過ぎず、ほとんど一般人程度の知識しかない。「せいぜい政府が医者に配るパンフレットを読んでいる程度である」と暴露されている。

これはおそらく日本でも同じ事だろう。よく病院にある無料パンフレットの類いを医者が読んでいる程度の知識しか持たずにワクチンを接種しているということである。

また、なにより驚きなのは、「ワクチンには「ステルス・ウィルス」なるものが仕込まれている」という指摘である。これは、アルミや水銀などの金属とは異なり、何十年も経ってからワクチン接種者に発ガンを起こさせるウィルスのことである。おそらく、これが、私が「アメリカ人は生物兵器になったのか?:アメリカ人とセックスすると癌になる?」で紹介した「SV40」などの発がん性のウィルスのことだろう。いまでは、これを「ステルス・ウィルス」と呼ぶらしい。

ここでは、医学製薬業界が莫大な資金力にものを言わせて、マスコミをコントロールし、マスコミとつるんでただしい医学知識や科学的常識を伝えないという現在の状況が批判されている。ワクチン、フッ素添加水、食物中の興奮毒について議論されている。

中でも驚くべき事は、ワクチン製造の際に利用されている動物細胞はそれ自体で生きているために無数の有機物や発がん性ウィルスのDNAやマイコプラズマが感染している。そのため、人間に使うワクチンは、3〜6割の汚染が明らかとなっていて、ワクチン自体も無数の未確認のウィルスたちで汚染されているというのだ! これでは薬害エイズの非加熱製剤の時とまったく同じである。これを我々は身体に打っているというわけである。

なるほど、ワクチン製造の際には、まだ未知のウィルス込みで作業しているわけだから、その副作用を知らないうちにワクチンを製品化しているというわけである。発ガンウィルスを見つけるには何ヶ月も培養が必要であり、もっと未知のウィルスにはもっと時間がかかる。しかし、製薬会社はこういう地道な科学作業をはしょる。さらには、最近発見された「ステルス・ウィルス」は、非常に複雑な工程を経て初めて発見できるものであるというのだ。そしてこの「ステルス・ウィルス」が、発ガンや消耗性神経疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病やギランバレー症候群や筋ジストロフィーなど)の発症と関係があるというのである。ワクチン接種後から何十年も経ってから発病するというのである。

こういう研究は毎年毎年科学界で研究発表されているが、マスコミも来ず、一般人に全く知らされる事がないというのである。ワクチンにはいろんな生物のRNAやDNAの断片で汚染されているのに、マスコミが「これを注射したら人への危険性はないんですか?」と聞くと、研究者は「わかりません。ないといいですけど」と答えたというのである。

どうやらこの無数の不可知のDNAやRNAの断片が人間の遺伝子に組み込まれて突然変異が早まるというのである。

いやはや、今や大半の生物学者は気が狂っているのだろうか? あるいは、大企業の奴隷に成り下がってしまったのだろうか?
ブレイロック博士のようなまっとうな生物学者が人々の前に出て来て欲しいものである。